大分国際情報高等学校

  • オープンキャンパス
  • 資料請求
menu
  • コース編成
  • 学力・資格・キャリアデザイン支援
  • 独自の専門授業
  • 自由でアットホームな校風
  • 普通科
  • 【情報通信科】国際情報コース
  • 【情報電子科】情報デザインコース
  • 【情報電子科】情報電子コース
  • 好きをカタチにできました!
  • 国情TV
  • 部活動・学外活動紹介
  • 年間行事
  • 進路実績
  • 施設紹介
  • 制服紹介
  • 卒業生からのメッセージ
  • 先生からのメッセージ
  • 保護者様の声
  • オープンキャンパス
  • 資料請求

保護者様の声

国情で自分の世界を広げる姿に
頼もしさを感じています。

小学5年生から剣道を始め、憧れの先生が剣道部を指導している国情に入学すると中学1年生の時から決めていた東洋。入学式の保護者説明会で先生方のお話を聞かせていただき、どの先生も本当に生徒のことを第一に考えてくださっているのが伝わりました。先生と話す生徒たちに笑顔が溢れているのは、先生と生徒との関係性の現れだと思います。そんな学校ですから、親元を離れても泣き言を一切言わなくなったのも納得。その姿に自分で自分の世界を広げている頼もしさを感じます。

ここのえ緑陽中学校出身の㓛能 東洋さん(普通科 1年)と母・由季美さん
実習中心の授業で楽しく学ぶうちに
自分のやりたいことを見つけたようです。

「国際情報」の名のとおり、将来役に立つ資格や情報技術が身につく学校だと思います。デザイン技術など自分の興味がある実習中心の授業が多く、娘も毎日楽しく勉強している様子。自分でできることが増えていき、やりたいことを見つけてそれに取り組む姿に娘の成長を感じています。アットホームな雰囲気の学校で、気の合う部活動の友達やクラスメイトがたくさんできたことで、行動範囲も広がったようです。勉強やスキルも大切ですが、国情は人とのつながりや接し方など、社会に出て役立つ人間関係についても学べる学校ですね。

城東中学校出身の松浦 菜々美さん(情報デザインコース 2年)と母・理恵さん
エンジニアを目指して選んだ国情。
日々、夢に向かって社会人力とPCスキルを
身につけています。

高校進学は、親子で迷うことなく国情に決めました。理由は、生徒それぞれの目的や能力に合った学習を行える環境が充実していること。実際の高校生活では、パソコンスキルの修得やサッカーに夢中になっていて、自分の中でしっかり目標を持って取り組んでいるように感じています。これからも直輝には、自分らしく伸び伸びと個性を発揮し、社会人として必要な協調性や積極性を身につけて自らの可能性に挑戦してほしいと思います。生徒・先生・保護者が一枚岩でまとまり教育熱心な国情でなら、きっと親の願いも叶うことでしょう。

碩田学園出身の上田 直輝さん(国際情報コース 2年)と父・正夫さん
高校生活を謳歌している息子を
見て幸せを実感する日々です。

中学校の先生に「沢山の資格が取得できる」と聞き、国情に入学することを決めた蕉伍。自由で個性を尊重する校風のおかげで、入学後は積極性が芽生え、資格取得にチャレンジすることはもちろん、ボランティア活動にも参加するようになりました。とにかく学校に行くことが楽しいようで、毎日「〇〇先生は天才だ!」とか、「〇〇先生に教えてもらった」とか、「〇〇とは親友」とか話が尽きることはありません。学校から帰ってくるなり鼻歌を歌いながらご機嫌な蕉伍を見ていると、私まで幸せな気分に包まれます。

碩田学園出身の森田 蕉伍さん(国際情報コース 3年)と母・眞由美さん
パソコンスキルを磨くため子どもが自分の意志で選んだ国情への進学。熱心な先生方の丁寧な指導とあたたかな支援に感謝しています。

パソコンや情報に関することを学ぶために国情へ進学したいという話を聞いた時、子どもが自分で選んだ学校なので親として迷いはありませんでした。国情は資格取得へのサポートが手厚い学校だという印象通り、授業中はもちろんですが、放課後も補習でしっかり教えてくださるなど、先生方が生徒に1人1人に寄り添って熱心に指導と支援をしてくださいます。毎朝、多くの先生方が登校する生徒を出迎え、声を掛けてくださるおかげで生徒たちはあたたかい気持ちになり、穏やかな心で一日をスタートできているのだと思います。

大在中学校出身の北田 梗さん(国際情報コース 2年)と父・瞬さん
国情の急かさず、自主性を育み、
自尊心を高める教育で勉強が好きに。

中学時代は「勉強が嫌いだ」と公言し、高校進学すらも拒否していた達人が国情に入学後、試験の結果に悔しがるようになりました。それは、させられている勉強から、自ら学ぼうという勉強に変わった瞬間だと思います。特に国情では自身の夢に直結する授業が多いだけに、初めて習うことには嬉々として取り組んでいるようです。あんなに勉強嫌いだった達人が成長できたのは、決して生徒たちを急かさず、自主性を育み、自尊心を高めてくれる国情ならではの教育があったから。私は、個性を大切にしてくれるこの教育の大ファンです!

明野中学校出身の加来 達人さん(国際情報コース 3年)と母・あやさん
息子の初めての自己主張は“国情入学”。
日々スキルアップする姿が
頼もしくなってきました。

中学時代までは自己主張をしなかった剛士が初めて強く主張したのが、国情への入学でした。オープンスクールで自由な校風とデザインの仕事につながる授業に感銘を受けた話を聞き、私たちも応援することに。剛士の考えは正解だったようで、1年生の時は文化祭のクラスTシャツのロゴをデザインしたり、ダンボールでの作品展示で多くの評価を頂いたり、大分県ジュニアデザイン展で受賞したりと着実にスキルアップしています。将来はデザインの仕事につきたいと胸を張って話す姿がとても頼もしくなってきました。

碩田学園出身の稗田 剛士さん(情報デザインコース 3年)と母・やよいさん
大分国際情報高等学校
〒870-0911 大分市新貝11番40号
TEL.097-558-3734
FAX.097-558-3735
お問合せ
Copyright ©
大分国際情報高等学校
All Rights Reserved.